大木接骨院ブログ

2013年6月14日 金曜日

交通事故の同乗者は、どの保険が??

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は
交通事故の同乗者は、どの保険が使われるのかについてお話しします。


皆さんは自動車を運転する機会はありますか?

「普段はご主人が運転するので、なかなか運転する機会がない」
「そもそも車を持っていない」

という方も多いのではないでしょうか。

そういった運転しない方々は、自動車に同乗する機会が多いので、この機会に同乗者の保険の仕組みを理解しましょう。

また、運転をする方も同乗者への自動車保険の仕組みを再度整理しておくことをお勧めします。

最初に申しあげておきますが、以下の内容は十分に調べて作成していますが、専門家ではないため間違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。

そして、非常に複雑な法律の内容を含んでいますので、参考までにご利用ください。



「同乗者と搭乗者の違いとは??」

まずは言葉の定義の話です。

皆さんは同乗者と搭乗者の違いはわかりますか?

2つは以下のように意味が異なります。

同乗者:同一自動車に乗っている運転手以外の者
搭乗者:同一自動車に乗っているすべての者


つまり、

搭乗者 = 運転手 + 同乗者

となるわけです。


つまり、この記事の中の話では、運転手を含まない同乗者の話をしていこうと思います。

実は同乗者の保険に関する話は、ネット上でそんなに多くありませんので、上手くまとめられればと思います。



「同乗者と運転手との関係」

基本的に同乗者は交通事故において被害者となります。

少し複雑なので下図をみながら説明します。


交通事故での運転手同士は、お互いに被害者(自分)加害者(相手)という表現をします。

少なくともお互いが交通事故の責任があるため、お互いが加害者であり、被害者なのです。


一方、同乗者はどちらの運転手からみても被害者となります。

だから、相手側の運転手が起こした事故と同乗した側の運転手が起こした事故の計2つの事故(加害者が2人いる)が起きたと考えるとわかりやすいかもしれません。



「同乗者(運転手以外)が対象の保険は何か?」

交通事故における同乗者を補償する自動車の保険には、大きく2種類あります。

1.自賠責保険(強制保険)
※自賠責保険についてわからない方は、別の記事を参考
「自賠責保険とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/08/post-66-592423.html)

2.自動車保険(任意保険)
しかし、すべての交通事故のケースで、この2つの保険が同じように使えるわけではありません。

この2種類の保険が、"交通事故の過失割合"や"同乗者と運転手の関係"などで、使えるかどうかが決まります。


次回の記事で、同乗者の自賠責保険について詳しくみていきましょう。

同乗者の保険については以下の記事も参照してください。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら