大木接骨院ブログ

2013年7月16日 火曜日

シートベルト着用は命を守る

こんにちはっ小高ですhappy01note

皆さんは、普段車に乗っていてシートベルトちゃんとつけていますか?

後部座席の方も付けていますか?

エアバックがあるからつけてなかったりしませんか?

シートベルトをつけるということはとても大切なのですsign01

今日はシートベルトの重要性についてお話ししますhappy01


「シートベルトとをしないとどうなるか?」

よそ見をして歩いていて、電柱か何かにぶつかった経験はありませんか。とても痛い思いをされたと思います。
もし全速力で走っていてぶつかったら、痛いだけではすまなかったでしょう。
時速50キロのスピードでぶつかったらおそらく即死でしょう。


実は、シートベルトをしないで車を運転していて衝突事故に遭うと、車のなかでこれと同じことが起こってしまうのですwobbly

時速50キロで車がコンクリートの壁に衝突したとします。

車は瞬時に停止しますが、なかに乗っている人は50キロのまま車のなかを移動し、つぎの瞬間、車のどこかに衝突して止まります。

このとき、ハンドルで胸を強打したり、頭でフロントガラスを突き破ったりするわけです。


場合によっては、後席に座っていたお子さんが車内を空中遊泳し、フロントガラスを突き破って車外に放り出されることもあります。

事実、多くの事故では、シートベルトをしないために自分の車に衝突して怪我をしたり、死んだりしてしまうのです。


「シートベルトをしていたらどうなる?」

先ほどの場合で、シートベルトをしていればどうなるでしょう。

人は車のシートに固定され車と同じ動きをしますので、少なくとも自分の車のダッシュボード・ハンドル・フロントガラスなどに強く衝突することは避けることができます。

※ダッシュボード損傷・ハンドル外傷については別記事参照(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/07/post-55-565113.html

つまり、致命的なケガにはならない可能性が高まります。

いまの車は前部と後部をつぶれやすくしてあり、ここで衝突時の衝撃をやわらげるようにつくられています。

このような衝撃緩和効果で搭乗者を守るには、 シートベルトでシートに体を固定しておかなくてはいけません。シートベルトは車体と搭乗者をつなぎとめる"命綱"なのです。


「エアーバックとの違い」

「エアーバックがあるからシートベルトはいらない?」って思ったことがある方、それは大間違いですsign03

エアーバッグはシートベルトで身体を座席に固定されていること事を想定して作られているため、交通事故の衝突でシートベルトの押さえがない頭部などがハンドルにぶつかることを緩和するように作られています。

ですから、シートベルトなしでエアーバッグだけを作動させると、衝突の瞬間に座席から自分が前に滑り出ていくときに、エアーバックが前で膨れると、かえって衝撃が増してしまうかもしれません。

エアーバッグはあくまでもシートベルトの補助装置ですので、エアーバッグ付の車でも、必ずシートベルトを締めなければなりません。


「後部座席もシートベルトを」

後席に座った人も、前席と同じ理由でベルトを締めなければ怪我をしたり死んだりします。

そればかりか、後席の人が飛ばされて前席の人に激突し、前席の人を傷つけてしまうことさえあるのです。

一昔前は後席ではシートベルト着用義務はなく、昔から乗っている人にとっては後席はつけなくてもいいという感覚が残っている人もいます。

しかし、平成20年の道路交通法改正により後席にもシートベルト着用が義務付けられたのは、未着用は大変危険で、着用するとケガが少なくなるためです。

このようにシートベルトは車内での安全を守るために大事なものですsign01

必ずシートベルトは締めましょうsign01



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら