大木接骨院ブログ

2014年12月22日 月曜日

請求できる損害の範囲

こんにちはconfident 受付の佐野です


事故によって生ずる損害には、人的損害と物的損害があり、更に人的損害は、傷害によるものと後遺障害によるもの、死亡によるものとに分けられます。
今日は傷害による損害についてお話したいと思います。

これらの損害の範囲を決める場合、事故によって被害者のこうむったすべての損害が交通事故による損害として認められているわけではなく、相当因果関係という考え方によって、通常生ずる損害のみに限って請求できることになります。
具体的な額など詳細については、交通事故相談所等にご相談下さい。


傷害による損害(事故発生から治癒または症状固定まで)

★治療費
  診察料・検査料・治療費・入院料・投薬科などは治療上必要かつ相当な実費全額が認められます。

★マッサージ等の施療費
  医師の指示によるマッサージ・はり・灸等の施療費も認められます。

★入院特別室料
普通室料は認められます。治療上特別室(個室)が必要と医師が認めた場合及び特別室しか空きのない場合には特別室料が認められます。

★付添看護料
 症状からみて必要かつ相当と認められる場合、職業的付添人の実費、近親者の付添人は1日につき一定の額が認められます。

★入院雑費
 雑費とは療養の為に必要な費用で、入院1日につき一定の額、それを超える場合は立証資料等により妥当な額が認められます。
ただし、長期にわたる場合は減額されることもあります。

★医師・看護師への謝礼
 社会通念上相当なものであれば、損害として認められることがあります。

★通院交通費(転院費・退院費を含む)
電車、バス等交通費実費。
症状によりタクシー代が認められることがあります。

★休業損害
 事故によるけがのため休業し、その結果受けた現実の収入減少額。
算定方法としては、事故前3か月ないし1年分の収入をもとに1日当たりの単価を算出し、これに休業日数を掛けて算定します。
自営業など職種によっては、算定及び立証がむずかしい場合があります。

★慰謝料(傷害分)
事故のけがによる肉体的・精神的苦痛を金銭的に評価した損害を、慰謝料として請求します。一般には入院期間と通院期間によって決められます。
傷害の慰謝料と後遺障害の慰謝料とは別々に算出します。個々のケースで、的確に算定することは非常にむずかしいのですが、これまでの裁判例及び公益財団法人日弁連交通事故相談センター本部及び東京支部が作成した算定基準を参考にして算出するとよいでしょう。

★救護費
救助捜索費、事故現場での応急処置、病院までの救急搬送の費用。








大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
br />

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら