大木接骨院ブログ

2015年1月19日 月曜日

過失相殺(被害者側にも過失がある場合)

こんにちはhappy01 受付の佐野です。

今日は交通事故で被害者にも過失がある場合についてのお話をしたいと思います。

交通事故では、加害者の過失のほかに、被害者側にも落ち度があることがあります。
この場合には損害額全部を加害者に負担させることは、不公平と考えられます。
そこで、加害者・被害者の過失割合を決め(例えば7対3など)、この割合に応じて損害額を両者で負担させることになっています(過失相殺)。

過失割合については過去の裁判例をもとに認定基準がいくつか発表されています。
当事者間で事故状況についての主張が異なるため過失割合を確定することが困難な場合があります。当事者間の話し合いで決まらないときは、最終的には裁判所で決定してもらうしかありません。

被害者の記憶喪失や死亡により、被害者側には事故状況が明らかでないときは、刑事記録を取り寄せるなどして事故状況を把握する必要がある場合もあります。但し、一般に刑事記録は民事の損害賠償請求のために入手することはできませんが、実況見分調書等を入手できる場合もあります。
過失割合が決まると、例えば5対5の場合、損害は次のように負担することになります。Aの損害100万円、Bの損害10万円のとき、BはAに50万円を、AはBに5万円を、それぞれ支払うことになります。







大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら