大木接骨院ブログ

2015年2月24日 火曜日

損害賠償請求権の消滅時効 その3

こんにちはhappy01 受付の佐野です。

前回に続き損害賠償の時効についてお話したいと思います。


時効中断の方法は
時効の期日が迫っているという場合には、請求権者は時効中断の手続きをとる必要があります。

時効中断手続きとしては、被害者が加害者に対して損害賠償請求の調停申立をしたり、あるいは訴訟を提起することが考えられます。加害者が損害賠償債務を承認した場合も時効は中断します。例えば、加害者が被害者に対して、損害を賠償する旨の書面を差し入れたり、あるいは損害賠償金の一部を支払った場合などは、債務の承認があったものと考えられるでしょう。

時効の期日が迫っているという場合には、先ず内容証明郵便等で相手方に請求し、これが相手方に到達すれば時効を一時的に中断することができます。しかし、裁判所に対する調停申立、訴訟提起とは異なり、時効中断の効力は弱いものとされ、内容証明郵便が到達したのち、6か月以内に裁判上の請求(調停申立、訴訟提起)をしないと時効の中断は効力を生じないため、結局時効により損害賠償請求権は消滅します。

ただし、時効の期日が迫っている調停申立の場合は、調停不成立の日から1か月以内に訴訟提起をしないと、時効が完成してしまいますので注意して下さい。
なお、公益財団法人交通事故紛争処理センターへ和解のあっ旋の申込を行っても時効中断にはなりません。






大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら