大木接骨院ブログ

2016年8月30日 火曜日

【ケガ その1】打撲

こんにちはsun

大木接骨院の近藤ですsmile

今日はケガについてお話しますpaper


打撲(打ち身)とは

打撲とは、転倒や物に強くぶつかるなど体外からの力による、傷口を伴わない軟部組織のケガをいいます。

症状は皮下出血・腫れ・熱感・痛みなどです。
ケガをしてすぐに皮下出血がみられることがあり、時間の経過とともに腫れてきて皮下出血も広がります。しかし、筋肉の太い場所では外から出血を確認できない場合もあります。


交通事故での頭部・胸部・骨盤などの打撲では、骨折やむち打ちの可能性もあるため軽傷であっても病院や接骨院で診察を受けることをお勧めします。


ぶつけた場所や程度によっては後々まで痛みシコリが残る場合があり、例えば、筋肉が傷ついた場合だと、しこりが残ってしまい柔軟性がなくなってしまったり、パフォーマンスが落ちたりします。また、急な動きに対応できず同じ所を再び痛めてしまうこともあります。


打撲はしっかりと治療する事によって回復を早めることのできるケガですので、打撲をして少しでも痛み・痺れを伴う場合は自己判断せず当院までご相談下さい。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら