大木接骨院ブログ

2016年10月18日 火曜日

過失割合とは

こんにちはsign01
大木接骨院の近藤ですwink

車を運転していて、子供の飛び出しcoldsweats02

経験された方多いんじゃないでしょうかsign02

ドキッとしてしまいますよね。



「子どもの飛出し事故の責任はどのくらい?」

もし、以下のようなケースでは、自動車側の責任はどれくらいになるのでしょうか??

車を運転していると目の前に横断歩道が見えてきました。進行方向の信号は青で、歩道で信号待ちをしている人もいなかったため、そのまま直進。

ところが、歩道脇から小学校2~3年生の子どもが突然飛び出してきて、そのまま赤信号の横断歩道を走りぬけようとしています。あなたはすぐにブレーキをかけましたが、あまりにも突然のことでブレーキが間に合わず、子どもにぶつかってしまいました。

ケガをした子どもはすぐに救急車で病院に。幸い命に別状は無かったものの、治療費など相手側の損害額は合わせて250万円にのぼりました。

さて、このような交通事故のケースでは、一般的には過失割合という基準で交通事故の責任を、言い表します。

では、上記のケースでの過失割合はどうなるでしょうか?



「過失割合とは」

と、その前に過失割合についてもう少し解説します。

過失とは、「本来するべきことを怠っていたこと」です。

つまり、加害者と被害者双方の過失の大きさを比べること過失割合であるのです。

また、それを基に事故が起きた責任を判断することが、過失割合の目的なのです。


加害者と被害者どちらがどれだけ悪いかというように判断し


「最初のケースでの過失割合は?」

最初に挙げたケースでの過失割合は、以下のようになると考えられます。

自動車(あなた):歩行者= 40:60

理由を詳しくみていきましょう。

歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことによって起こってしまった事故の場合、一般的な過失割合は、以下になります。

自動車:歩行者=30:70

しかし、この場合衝突した相手が小学校2~3年生の児童(交通弱者)だったため、弱者保護の観点から加害者責任が問われ過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=40:60

さらに、もし衝突した相手が幼児や身体障がい者(交通弱者)だった場合は、自動車側の過失割合はさらに大きくなり、過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=50:50


自動車側からしてみれば歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことが原因なのに、なぜ自動車側の責任を問われなくてはいけないんだと感じるかもしれません。

とはいえ、以下2つの理由から
自動車側にも過失があったとされるのです。

1.一歩間違えば動く凶器ともなりかねない自動車には交通強者として常に注意責任が強く求められていること
2.自動車のドライバーにも前方注意義務や適切なブレーキ操作をする義務があること

結局は、交通事故を起こせば相手をケガさせてしまう自動車は、注意しながら乗らなくてはいけないものなのです。

それが嫌ならば、自動車に乗らなければいいだけのことなのです。

もちろん、歩行する側も気を付けなきゃいけないですbearing

そしてケガや不調があるようなら必ず受診してくださいねflair


過失割合についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧くださいdownwardlefteye


交通事故治療は、病院整形外科だけでなく接骨院でも治療できますsign01

当接骨院は土曜日日曜日診療しておりますので是非ご利用ください
happy01




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら