大木接骨院ブログ

2013年6月29日 土曜日

「ひき逃げ」されたら、治療費は自分持ち?

こんにちはhappy01  小高ですribbon

今日はひき逃げ(また加害車両不明)でケガを負ってしまった場合保険は効くのか?

そこについて詳しくお話ししていきますhappy01


「警察に届出る」

まず、ひき逃げ事故にあわれたら、直ぐに警察に届出ることが重要です。

警察に届出ることで、交通事故証明書が発行され、人身事故にあった事実を証明することができます。

そうすることで、交通事故で損害を受けた部分を支払ってもらうことができるのです。
 
当ブログ別記事参照: ①実況見分調書と供述調書って何?


「政府保障事業とは」

実は、ひき逃げ・相手が無保険の交通事故などで被害者がどの保険も適応にならないときの最終的な救済制度があります。

それが「政府保障事業」という制度なのです。


交通事故にあった時に、相手加害者が入っている保険の種類において以下のケースが考えられます。

① 任意保険(自動車保険) + 強制保険(自賠責保険)
② 強制保険(自賠責保険)のみ
③ 無保険 ※強制保険にすら加入していない

※任意保険(自動車保険)と強制保険(自賠責保険)は別記事にて解説してます

上記③のケースのときに救済(治療費などの支払い)してくれるのが、政府保障事業なのです。

補償範囲・金額(治療費など)は、強制保険(自賠責保険)と同じ補償をしてくれます。

しかし、以下の点で強制保険(自賠責保険)とは異なるそうです。

1.請求できるのは被害者のみです。加害者からは請求できません。

2.健康保険や労災保険等の社会保険から給付を受けるべき場合は、その金額は控除しててん補します。 

3.被害者に損害てん補した時は、その支払った金額を限度として、政府が被害者に代わって、本来の損害賠償責任者に求償することになります。

少しわかりづらいですのでわかりやすく説明すると、政府保障事業は他が保障してくれないケースで最終的に保障する制度のため、「他制度が保障してくれるならば支払わない」と規定してあるのです。


ちゃんとした保障制度があるので、ひき逃げに遭われたときは諦めずに、まず警察へ届けて、ケガをした際には無理はせず(後々痛みがでたり、後遺症の恐れもあります)受診してください。

当院では交通事故治療もしております。

症状によっては近隣の病院を紹介することも可能です。

骨折脱臼捻挫打撲挫傷、肩、腰、膝など関節の痛み】

以上の症状ご相談いただけます。


ご不明なございましたらお気軽にご連絡下さいhappy01




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2013年6月28日 金曜日

【ケガ その2】捻挫

こんにちは~clover

受付の薄ですnote

今回は皆さんも良く耳にする「捻挫」についてお話をしたいと思います。


捻挫とは
関節を構成している骨と骨を繋ぐ靭帯の損傷で、普段動かしている関節の範囲を超えるような運動を強制された時起こります。関節内の損傷のため関節部分の血管が傷ついて、内出血を起こすとその部分が腫れてきます。


〇捻挫の程度は、靭帯、関節包の損傷の度合で3つに分類されます。

? 1度 靭帯の一部線維の微細な断裂で関節包は温存されている状態
      痛み、腫れも少なく、関節の曲げ伸ばしもそれほど問題なくできる状態です。

 
? 2度   靭帯の部分断裂で、関節包も損傷されていることが多い
    捻挫した部分を動かした時や押したときに痛みがあり、腫れや内出血を伴います。
    また、痛みと腫れのため関節の曲げ伸ばしができにくくなります。


? 3度  靭帯の完全断裂で関節包の断裂、関節の不安定性を認めるもの
     動かした時や押したときに激しい痛みがあり、著しく腫れます。激しい痛みと腫れの
     ため、関節の曲げ伸ばしが出来なかったり、関節の不安定性を認めます。また、関節
     の中に出血を認める場合もあります。


捻った時の力のかかり具合によって、靭帯だけでなく、筋肉や腱が傷ついたり、靭帯に強く引っ張られて骨の一部が剥がれる剥離骨折を起こすこともあります。


もしも捻挫をしてしまったら・・・

捻挫の応急処置
 運動中に捻挫をすることが多いと思いますが、何か違和感が出た時点で出来るだけ速やかに運動を中止して下さい。もし可能であればR.I.C.E.(Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)処置を行ってください。
捻挫の場合、動かした時の痛みだけでなく、腫れのために関節の曲げ伸ばしが制限されます。ですから、出来るだけ腫れを最低限に抑え、出来るだけ早く腫れを引かせることが重要となります。


私自身、有難いことに大きなケガをした事がなく、ただ一度だけ突き指をしたことがあります。
スノーボードをして転んだ時に、指からついてしまい・・・本当に痛かったです。
帰りに新幹線の中でも、振動で指がいたくて。。。
帰ってすぐに病院に行けば良かったんですが、数日後に我慢できずに病院に行きました。
その結果、突き指でしたが、いまだ数年経った今でも、時々突き指をした指に痛みが走ります。


皆さんも、自己判断せずに、些細なことでも手遅れになる前に専門医に相談してくださいねsign01happy01



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2013年6月26日 水曜日

【ケガ その3】挫傷

こんにちはhappy01  小高ですcherry

前に打撲以前の投稿はこちら)についてお話ししましたが、今日は似た症状、挫傷についてお話していきます。

挫傷(ざしょう)とは
打撃または無理に伸ばされることによって生じるケガです。皮膚が破れることのないものを指します。
筋挫傷とは、筋肉が無理に伸ばされることによって生じるケガで、皮下組織の損傷です。
捻挫と混同されやすいようですが、捻挫が靭帯の損傷に対し、筋挫傷は筋肉そのものが損傷する障害です。



【原因】

筋挫傷の原因は主に二つです。一つは筋肉・腱の限界を超えた伸縮を瞬間的に行うことです。二つ目は、強い衝撃を加えることで、スポーツ中の衝突、転倒などで発生します。

【症状】

主な症状は患部周辺に起こる強い痛みと腫れです。痛みは挫傷を受けてしばらくしてだんだん強くなります。また、断裂により患部の陥凹や皮下出血が起こる場合もあります。


応急処置にはアイシングが有効です。
損傷がひどい場合は固定が必要になり、固定することで損傷を最小限に抑えます。また、筋肉を元の状態に戻すためにはリハビリも重要です。
痛みが軽い場合でも、自己判断せずしっかりとした治療を行いましょう。


しかし、以下のような挫傷は、すぐに病院へ行きましょう。
・ 腹部を強く打つ(内蔵挫傷)
・ 頭部を打ち、意識を失ってしまう(脳挫傷)



交通事故でも挫傷が生じることが多くあります。自分の症状が良く分からない、不安だ、など何かありましたら当院へご相談下さい



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2013年6月25日 火曜日

自転車の走行は原則は車道、やむ得ない時は歩道

こんにちはhappy01  受付の小高ですribbon

最近では自転車の交通ルール違反が多く、ニュースでとりだたされてますねflair

自転車と歩行者の衝突での死亡事故もあるというから驚きですsweat01



「自転車は原則車道」

自転車と歩行者の衝突事故が多くなってきたため、平成25年12月1日施行された道路交通法にて、車道の左側の路側帯を走行する規定が明記されました。

つまり、自転車は車道が原則で、車道の逆走は禁止します、ということです。



「自転車は歩道も走って良い場合がある」

しかし、以下のような例外規定もあります。

1.道路標識で指定された場合
下の標識が歩道に設置してある場合には、自転車も歩道を通行することができます
自転車歩行者専用道路の標識自転車歩行者専用道路の標識

2.13歳未満の児童、幼児又は70歳以上の高齢者の場合
13歳未満の児童・幼児を自転車に乗せる場合は、保護者はヘルメットをかぶらせるよう努めなければいけません

3.車道又は交通の状況からやむを得ない場合
例)道路工事や連続した駐車車両などにより車道の左側を通行することが困難なときや、車の通行量が非常に多くかつ、車道の幅が狭いなどのため、追越し車両との接触の危険があるときなど警察庁の広報誌「けいしちょう 38号」に記載)


当ブログのその他の自転車に関連する記事もご参照ください。


「自転車に乗っていて歩行者をケガさせたら、重過失致死傷罪の可能性も」

「歩道にかぎらず、自転車で走行中、歩行者や自転車との接触事故を起こした場合、相手がケガをさせてしまえば過失傷害罪、相手が亡くなってしまえば過失致死罪に問われる可能性があります。

さらに、自転車の運転者に重大な過失があるという場合には、重過失致死傷罪の可能性もあります。



「原則は車道、歩道は徐行」

もし事故が歩行者が歩いている歩道で起きたとしたら、刑罰の決定には、自転車が歩道を走行して良い状況だったかが考慮されます。

ですので、常に車道の走行を心がけ、已む得ない状況のみ歩道を走行しするようにしなくてはいけません。

歩道の走行も徐行を心がけ、歩行者の安全を確保する必要があるでしょう。



自動車だけでなく、自転車の事故でも大けがをしてしまうということを忘れないで安全運転を心掛けたいですねhappy01

当院でも交通事故治療をしておりますhappy01

交通事故でケガをした際には接骨院でも見れますので、是非当院へご相談下さいhappy01




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2013年6月24日 月曜日

過失割合とは

こんにちはhappy01  小高ですribbon

運転していて、子供の飛び出しcoldsweats02

経験された方多いんじゃないですかsign02

ドキッとしてしまいますよね。



「子どもの飛出し事故の責任はどのくらい?」

もし、以下のようなケースでは、自動車側の責任はどれくらいになるのでしょうか??

車を運転していると目の前に横断歩道が見えてきました。進行方向の信号は青で、歩道で信号待ちをしている人もいなかったため、そのまま直進。

ところが、歩道脇から小学校2~3年生の子どもが突然飛び出してきて、そのまま赤信号の横断歩道を走りぬけようとしています。あなたはすぐにブレーキをかけましたが、あまりにも突然のことでブレーキが間に合わず、子どもにぶつかってしまいました。

ケガをした子どもはすぐに救急車で病院に。幸い命に別状は無かったものの、治療費など相手側の損害額は合わせて250万円にのぼりました。

さて、このような交通事故のケースでは、一般的には過失割合という基準で交通事故の責任を、言い表します。

では、上記のケースでの過失割合はどうなるでしょうか?



「過失割合とは」

と、その前に過失割合についてもう少し解説します。

過失とは、「本来するべきことを怠っていたこと」です。

つまり、加害者と被害者双方の過失の大きさを比べること過失割合であるのです。

また、それを基に事故が起きた責任を判断することが、過失割合の目的なのです。


加害者と被害者どちらがどれだけ悪いかというように判断し


「最初のケースでの過失割合は?」

最初に挙げたケースでの過失割合は、以下のようになると考えられます。

自動車(あなた):歩行者= 40:60

理由を詳しくみていきましょう。

歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことによって起こってしまった事故の場合、一般的な過失割合は、以下になります。

自動車:歩行者=30:70

しかし、この場合衝突した相手が小学校2~3年生の児童(交通弱者)だったため、弱者保護の観点から加害者責任が問われ過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=40:60

さらに、もし衝突した相手が幼児や身体障がい者(交通弱者)だった場合は、自動車側の過失割合はさらに大きくなり、過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=50:50


自動車側からしてみれば歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことが原因なのに、なぜ自動車側の責任を問われなくてはいけないんだと感じるかもしれません。

とはいえ、以下2つの理由から
自動車側にも過失があったとされるのです。

1.一歩間違えば動く凶器ともなりかねない自動車には交通強者として常に注意責任が強く求められていること
2.自動車のドライバーにも前方注意義務や適切なブレーキ操作をする義務があること

結局は、交通事故を起こせば相手をケガさせてしまう自動車は、注意しながら乗らなくてはいけないものなのです。

それが嫌ならば、自動車に乗らなければいいだけのことなのです。

もちろん、歩行する側も気を付けなきゃいけないですbearing

そしてケガや不調があるようなら必ず受診してくださいねflair


過失割合についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧くださいdownwardlefteye


交通事故治療は、病院整形外科だけでなく接骨院でも治療できますsign01

当接骨院は土曜日日曜日診療しておりますので是非ご利用ください
happy01



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら