大木接骨院ブログ

2014年3月31日 月曜日

子供の飛び出し事故防止

こんにちはnotes 受付の佐野ですshine

今日は桜が満開でとってもキレイですねcherryblossom
子ども達は春休みに入り、外で遊ぶ子供をよく見かけるようになりましたsoccer
今日は子供達の飛び出し事故についてお話します。

「子どもは大人に比べて飛び出しが多い」...これは、本当のこと。
道路の向こう側に友だちがいる時、遊びに夢中になっている時などに飛び出してしまう交通事故が実際に起きています。

飛び出しで交通事故にあっている割合は6歳以下の幼児では56.9%7~12歳の小学生では51.3%を占めています。
全歩行者の29.2%と比べてみると、子どもの飛び出しがいかに多いかがわかります。

また、駐車車両の陰から道路を横断して事故にあうケースも見られます。
子どもの小さいカラダはクルマのかげに入ってしまうと、ドライバーから見えません。 
こうした場合、子どもがゆっくりと出てきても、ドライバーが気づきにくいので、結果として飛び出しになってしまうのです。
夜間だと、ドライバーはさらに気づきにくくなります。

お子さまがクルマのそばで遊ばないように、遊ぶ場所や移動の経路を親子でいっしょに確認しておきましょう。

小さな子どもたちはクルマは急に止まれないことを知らずに、あぶない時にはクルマが止まってくれると思いこむこともあります。
だから、道路に出るとき、横断するとき、交差点を通行するときなど、歩行者も「きちんと止まる」「よく見る」習慣をつけましょう。
親子で一緒に、いつもよく通る交差点などで「止まる」練習や「見る」練習をしてみるのもいいですね。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2014年3月30日 日曜日

ケガが治っていない場合で示談を求められたら?

こんにちはeye

中野区にある大木接骨院の大木ですhappy01

今日は「
ケガが治っていない場合も示談するべきなのか?」について解説したいと思いますsign01



「示談しなければ治療は続けていいのか?」

前回の記事に述べたように、もし示談してしまったら、それ以後は損害賠償請求ができなくなります。

つまり、それ以上は治療ができなくなります。

それは裏を返すと、「痛くなくなったら示談だけど、痛い間はずっと治療してていいのか」という疑問が生まれます。

実際に、長期間痛みが残る患者さんがいます。

しかし、その患者さんの中には治療費が打ち切られる(保険会社から支払われない)ことがあります。

つまり、症状の程度により治療期間の長短はありますが、いずれは下記のどちらかを選択しなければいけない場合があります。

1.まだ痛いが、示談を承諾し、ケガを症状固定として後遺障害認定手続きに入る
症状固定は医師の判断で行うもので、自分の判断では行えません
2.痛ければ治療を続けるが、治療費は保険会社から支払われない(打ち切り


1の場合は、治療費は支払われなくなるので、それ以降の治療費は自分で支払うことになります。

示談金をその後の治療費と考えてもいいのかもしれません。

2の場合も、治療費は支払われないので、治療費は自分で立て替えて、後に保険会社に請求をすることとなります。

後に、治療の必要性が証明されれば、立て替えた治療費は保険会社から支払われます。
保険会社の判断に納得いかない場合に、このような手続きを踏むことがあります。



「なぜ打ち切りをするのか?」

先ほども述べましたが、保険会社はいつまでも治療費を支払い続けてくれません。

ある程度治療して症状が変化しなくなってくると、保険会社(加害者側)は示談しようと言ってきます。

示談とは?
示談について詳しく知りたい方は当ブログの別記事を参照してください

一体、なぜでしょうか?

理由は、次の2つが挙げられると思います。

1.医学的な理由で、治療を行っても改善はなく、対症療法以上の治療効果が期待できない
2.経済的な理由で、治療期間が長引くと治療費が多額になるので支払いきれない


ですので、損害賠償において「症状固定」として治療を終了するのです。

「症状固定」 = 症状が安定し、治療効果が期待できない状態

そして、治っていない部分に関しては「後遺症」として認定されると、後遺障害の程度により後遺症への慰謝料が支払われるのです。

※後遺症について詳しく知りたい方は当ブログの別記事を参照してください



「治療が打ち切りになるときはどんなときか?」

治療費が打ち切りになるのは、以下の2通りが考えられます。

A.医師が症状固定と判断し、保険会社がその診断を根拠に打ち切る
B.保険会社が持つ情報を基に判断し、治療費の支払いを行わない


まず、Aのパターンです。

この場合、基本的に医師の判断が全てということになります。

医師の判断により、「症状が安定し、治療効果が期待できない状態」と認められたら、症状固定とされます。

逆に、医師が治療が必要と判断している限り、保険会社は治療費の打ち切りをすることは難しいのです。

ですので、症状固定にならないように担当医師に痛み・しびれなどの症状を伝えることが重要となります。


次に、Bのパターンです。

事故状況や本人・担当医師への面談などから総合的に判断し、保険会社がこれ以上治療費を支払うことが妥当ではないと判断したときです。

つまり、保険会社が「もう症状固定したんじゃないの?」と考えたときに、治療費を支払わなくなるのです。

このケースは下記の様な理由で、治療継続の必要性が証明できない時に起こります。

病院に通院しない(=本人が痛いと言っても、客観的証明ができない)
通院頻度が少ない(=本当に痛くないのではないか?)
通院間隔が空いている(=本当に痛くないのではないか?)

保険会社も理不尽な理由で治療の打ち切りを行っているのではないことは理解しておきましょう。

治療の必要性が証明できない理由があるためと推測されます。



「治療が打ち切りにならないためには」

以上を踏まえると、次のことが重要と思われます。

1.医師にしっかりと症状を伝える
2.保険会社の担当者と敵対せず、マナーをもって接する
3.痛ければしっかり治療を受ける(痛ければ通院頻度が上がるはずです)


患者さん全員が、打ち切られることなく治療が無事に終了することを願います。

ご相談があれば、中野区新中野大木接骨院までお問い合わせください。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2014年3月26日 水曜日

交通事故での示談とは?

こんにちはeye

中野区にある大木接骨院の大木ですhappy01

今日は「交通事故での示談とは何か」について解説したいと思いますsign01




「示談とは」

辞書を調べると、

「話し合いで決めること。特に、民事上の紛争を裁判によらずに当事者の間で解決すること。」

とあります。


つまり、交通事故での示談とは、

「加害者と被害者が、裁判を行わずに話し合いで解決する」

こととなります。



「示談までの流れ」

通常、交通事故が起きてすぐに相手と示談交渉するのではありません。

多くの場合は示談までに以下のような流れとなります。

1.自動車の修理ケガの治療などを行う

2.示談金の提示(ケガの治療が終了した後)
3.その内容に納得できたら、示談書にサインして示談
4.示談金(慰謝料)の受取り



「誰と示談交渉するのか?」

被害者は、本来は加害者と示談交渉することになりますが、多くの場合はそうではありません。

交通事故後の対応は非常に複雑な手続きが多く、治療費や修理費などの費用が多額にもなることもあります。

ですので、加害者は自動車保険(任意保険)に加入し、事故対応の一切を保険会社に任せてしまっています。

そのため、被害者は加害者の加入する保険会社と示談交渉をすることとなります。





「示談するとどうなるか」

示談するとどうなるのでしょうか?

実は、一旦示談してしまうと、示談後に新たな損害があっても相手に請求できなくなるのです。


交通事故後から示談前までは以下の図にある項目について損害賠償請求ができます。


代表的なものとして、以下のものが挙げられます。
①治療費
②交通費
③休業損害
④慰謝料

つまり、一旦示談してしまう(示談書にサインする)と、これらの請求が相手にできなくなるのです。

言い換えると、示談をするということは、

「示談金を受け取ることで、この問題はこれで解決したことにしましょう」

という契約をするということなのです。


また示談するということは、

「これ以上痛くても治療はできません」
「これ以後、新しく自動車の故障が見つかっても修理しません」
「これ以降に事故のせいで仕事を休んでも、休業補償をしません」

という約束をすることだとも言えるでしょう。


「示談交渉の手続きへ」

ケガが治っていない場合は、後遺障害の認定をもらうための手続きへと進むことになります。

※後遺症について詳しく知りたい方は当ブログの別記事を参照してください




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2014年3月26日 水曜日

人身事故での損害賠償の範囲

こんにちは、大木ですhappy01

静岡では桜の開花宣言が出ましたcherryblossom

中野もだいぶ暖かくなってきましたねeye

さて、今日は交通事故の中でも人身事故での賠償されるものを改めて確認してみたいと思いますsign01



「交通事故後の費用はどのようなものがあるの?」

基本的に以下の費用はすべて補償されます。


1.治療費(交通事故治療費)

・接骨院での治療費
・病院での治療費(入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、応急手当費診察料、転院費、入院費などを含む)など


2.交通費

通院に必要な公共交通機関乗車賃(タクシーも可能な場合あり)、自家用車のガソリン代、有料駐車場など
※詳細は保険会社に確認が必要です

3.休業損害

交通事故により本来得られた収入が減少したときに、その損失を補てんしてくれます。

対象者は以下の通りです。


・給与所得者
・パート・アルバイト・日雇い労働者
・事業所得者
・家事従事者

※休業損害についてより詳しく知りたい方は以下のリンクより別の記事を参照してください


4.慰謝料

慰謝料とは、交通事故によって受けた苦痛に対して支払われます。



※慰謝料についてより詳しく知りたい方は以下のリンクより別の記事を参照してください


このように以上が、交通事故後から示談を行うまでに補償される内容になります。

示談してしまうと上記補償は行われなくなります。

示談について詳しく知りたい方は別の記事を参照してください。

なるべくわかりやすく説明したつもりですが、わかりづらい点や疑問があればお問合せ下さい。



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2014年3月25日 火曜日

左側通行がルール化される理由

こんにちはhappy01 受付の佐野ですshine

今日はとっても暖かく外に出たくなる季節になりましたねsun

以前、「自転車の交通ルール」についてお話しましたが、今日はどうして左側通行がルール化されたのか?についてお話したいと思います。

自転車の通行が左側の路側帯に限定されるのは、出合い頭による事故を防ぐためです。

警視庁が発表したデータによると、2013年10月末現在、自転車での事故で最も多いのは、出会い頭によるものでした。

自転車での死亡事故も増えていて、2013年中最も多いのが出会い頭の事故でした。


最近、「自転車の保険に入りましょう!」と促すコマシャールを目にするようになりましたが、通勤や通学などで自転車によく乗る方は、自転車の保険加入をお勧めしますflair

私は加入していますclub

みなさん、左側通行を守り事故に遭わないよう気を付けて運転しましょうbicycle




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら