大木接骨院ブログ

2016年6月28日 火曜日

交通事故の同乗者は、どの保険が??

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は
交通事故の同乗者は、どの保険が使われるのかについてお話しします。


皆さんは自動車を運転する機会はありますか?

「普段はご主人が運転するので、なかなか運転する機会がない」
「そもそも車を持っていない」

という方も多いのではないでしょうか。

そういった運転しない方々は、自動車に同乗する機会が多いので、この機会に同乗者の保険の仕組みを理解しましょう。

また、運転をする方も同乗者への自動車保険の仕組みを再度整理しておくことをお勧めします。

最初に申しあげておきますが、以下の内容は十分に調べて作成していますが、専門家ではないため間違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。

そして、非常に複雑な法律の内容を含んでいますので、参考までにご利用ください。



「同乗者と搭乗者の違いとは??」

まずは言葉の定義の話です。

皆さんは同乗者と搭乗者の違いはわかりますか?

2つは以下のように意味が異なります。

同乗者:同一自動車に乗っている運転手以外の者
搭乗者:同一自動車に乗っているすべての者


つまり、

搭乗者 = 運転手 + 同乗者

となるわけです。


つまり、この記事の中の話では、運転手を含まない同乗者の話をしていこうと思います。

実は同乗者の保険に関する話は、ネット上でそんなに多くありませんので、上手くまとめられればと思います。



「同乗者と運転手との関係」

基本的に同乗者は交通事故において被害者となります。

少し複雑なので下図をみながら説明します。


交通事故での運転手同士は、お互いに被害者(自分)加害者(相手)という表現をします。

少なくともお互いが交通事故の責任があるため、お互いが加害者であり、被害者なのです。


一方、同乗者はどちらの運転手からみても被害者となります。

だから、相手側の運転手が起こした事故と同乗した側の運転手が起こした事故の計2つの事故(加害者が2人いる)が起きたと考えるとわかりやすいかもしれません。



「同乗者(運転手以外)が対象の保険は何か?」

交通事故における同乗者を補償する自動車の保険には、大きく2種類あります。

1.自賠責保険(強制保険)
※自賠責保険についてわからない方は、別の記事を参考
「自賠責保険とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/08/post-66-592423.html)

2.自動車保険(任意保険)
しかし、すべての交通事故のケースで、この2つの保険が同じように使えるわけではありません。

この2種類の保険が、"交通事故の過失割合"や"同乗者と運転手の関係"などで、使えるかどうかが決まります。


次回の記事で、同乗者の自賠責保険について詳しくみていきましょう。

同乗者の保険については以下の記事も参照してください。





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年6月22日 水曜日

自転車での交通事故頻度

こんにちはsign01

大木接骨院の近藤ですeyeglass

今回は自転車での交通事故頻度や保険の事について少しお話しますdash

ここ最近も自転車に乗る方が増えてきていますが、東京都内で自転車での交通事故はどれくらいの起きているかご存知ですか?

昨年は都内だけでも1万1000件以上も発生しているようですtyphoon


全国になると、なんと10万1219件という数字sweat01
これでも年に約1万件ずつですが、減少傾向にありますeye



実は、自転車は軽車両といって道路交通法で取り締まられており、自動車と同様に交通ルール違反では罰則が科せられます。

また、歩行者に怪我をさせたケースでは 治療費などの損害賠償の責任が生じます。


しかし自転車には、強制的に加入する自賠責保険のような制度がありません。

任意での保険に加入していない限り、治療費などの損害賠償費用は自己負担となります。

最近では、自転車の交通事故でも、高額の損害賠償が請求されるケースもありますので、万が一に備えておくことも必要でしょう。

自転車専用保険は、安い料金で加入できるものもあるようですgood

参考までにこちらをご覧下さいflair
http:// https://car-rider.jp/weblog




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年6月15日 水曜日

むちうち症について

こんにちはhappy01

大木接骨院の近藤ですgood

本日お話させていただくのはむちうち症、、、。

聞いたことはあるけれど、どんな症状なんだろう?という方が多いと思います。

交通事故によるケガの中で代表的なものとして挙げられ、後遺症として残りやすく、大きな問題の種となるのが「むちうち症(鞭打ち、むち打ち)」です。


むちうち症とは?

 むちうち症とは、頚の運動範囲を超えて、それ以上に動きが強制されることで頚の関節や靭帯、筋肉等の軟部組織を痛めた状態です。



 むち打ち症は自動車による後ろからの追突が多く、その85%以上が不意の自動車事故に起因すると言われています。 事故を防ぐことは、現代の車社会の中では難しいことではありますが、万が一むち打ち症になった場合でも、正しく対処することで後遺症を残すことなく改善される場合がありますので、諦めず根気よく治療されることが理想です。


原因

・交通事故(車の追突事故等)
・スポーツでの衝撃など



症状

・頚、肩の動きの制限と痛み
・頚、肩の重さ、だるさ
・上肢のだるさ、しびれ
・上肢の筋力低下、知覚障害
頭痛
吐き気
めまい
・腰の痛みと動きの制限


 むち打ちは、目に見えないからこそ完全によくなったのかどうかの判断が難しいともいえます。治療を受けているうちに一時的に身体のバランスが良くなり、症状が和らぐことがありますが、天候などの影響で体調が良くなったり悪くなったりすることもあります。これは、「治療方法が間違っていた」とか「先生の腕が悪い」といった問題ではありません。筋肉や靭帯、神経の損傷は少しずつ治っていくものです。

 当院では
天候などの外部からの影響をなるべく少なくできるように患者さん一人一人に合った日常生活動作指導なども行っています。


その他、お身体の事で何かありましたら当院までご相談下さいsun


宜しければご参考までにご覧ください。
外傷性頸部症候群(ムチ打ち症)→http://muchiuchi.info/


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年6月 7日 火曜日

外傷について

こんにちはhappy01

大木接骨院の近藤ですsign01

今日は外傷についてお話します。
外傷とは損傷のうち、外からの力によるケガを指します。
接骨院には厚生労働省の認定資格を持った柔道整復師がいますので、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故でのケガなどを治療することができます。


また、スポーツによって起こるけがも接骨院で治療することができます。

スポーツ外傷とは
スポーツ活動中に、転倒や衝突などにより骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷をすることで、身体に1回の大きな強い力が加わる事によって起こります。



スポーツ損傷とは
スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、痛みを主とした症状が続くものをいいます。したがって、初期の段階で正しい処置をすることが最も大切になります。無理を続けてしまうと長期間スポーツができなくなってしまったり、手術等までいってしまうと本来のパフォーマンスが発揮できなくなってしまいますので、早めに治療するようにしましょう。
(例) テニス肘 ・ 野球肘 ・ 鵞足炎 ・ 腸脛靱帯炎 ・ ジャンパー膝 ・ 疲労骨折など


痛みを感じたら早めに当院までお越し下さい。


なお、創傷(皮膚の表面のけが、傷)は接骨院では扱えません。



大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら