大木接骨院ブログ

2016年7月20日 水曜日

鎖骨骨折

こんにちはsun

大木接骨院の近藤ですdog

今日は交通事故でもなる事の多い鎖骨骨折についてお話しますflair


鎖骨骨折とは

子供から大人まで幅広い年代に起こり、比較的多く発生します。
コンタクトスポーツや、肩から転倒して骨折することが多く、交通事故でも多く発生します。交通事故の例では、シートベルトにより衝撃を受け、骨折してしまう場合があります。


治療法は、保存療法と手術療法がありますがほとんどの場合は手術無しで治療が可能です。鎖骨固定バンドなどで患部の安静、安定性を確保し、時間をかけて骨折した部分の骨癒合を図ります。

鎖骨骨折は骨折の中でも再生能力が旺盛ですが変形を残しやすい骨折です。


当院では近隣の整形外科とも連携させて頂き、骨折の治療を行います。
安心して治療を受けられますのでお気軽に当院までご相談下さい。


また、骨折では固定とリハビリが重要となり、施術者の治療経験が必要となります。
当院ではその経験が豊富な専門スタッフが行いますので、最良の治療が提供できます。


詳しい治療内容は当院のホームページをご覧ください。

【大木接骨院ホームページ「急性の痛み」】
http://www.ohki-sekkotsuin.com/treatment/sudden.html





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月火水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年7月13日 水曜日

同乗者にどの自動車保険が適応されるか?

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は
同乗者に自賠責保険は適応されるかについてお話しします。

※最初に申しあげておきますが、以下の内容は十分に調べて作成していますが、専門家ではないため間違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。


同乗者が対象のとなる自動車保険(任意保険)

同乗者に関連する自動車保険(任意保険)は3つあります。

1.対人賠償保険
2.人身傷害保険
3.搭乗者障害保険


この3つの保険のどれを使うのかは、過失割合が相手側と同乗した側のどちらが大きいかで変化します。(下図参照)




以下では、相手側の過失が大きい場合と同乗車側の過失が大きい場合と2つに別けて説明していきます。


「相手の過失が大きい場合」

相手の過失が大きい場合は、まず相手側の対人賠償保険から支払われます。

交通事故では、過失割合で相手が10(全て相手が悪い)というケースは多くはありませんので、少なくとも同乗側にも過失があり、その過失分は自己負担となります。

もし過失割合が8(相手側):2(同乗側)であれば、同乗側運転手が同乗者の治療費・慰謝料などの総額2割分の支払いをしなくてはいけません。
※もし同乗者にも過失があれば、その過失分は同乗者が支払うことになります

そこで、人身傷害保険という保険が役に立ちます。

人身傷害保険とは、契約自動車の搭乗者が対象で、今回のような過失分を埋める合わせるように補償してくれます。

以下のリンクはいくつかの保険会社の自動車保険ページへリンクしているので、詳細をそこで調べてみてください。


※「自動車保険」で検索するとその他多くの保険会社があります。また保険比較サイトもあります。

今回の場合は、総額の2割分を同乗側の運転手が加入する人身傷害保険もしくは、同乗者自身が加入する人身傷害保険でまかなうことになります。

※人身傷害保険は契約対象者が他の自動車に乗っていた場合の事故も対象とする契約があります

最後に、搭乗者傷害保険という保険があります。

これはケガの部位と症状に応じて一定額を支払う保険です。

この搭乗者傷害保険と先ほどの
人身傷害保険は自動車保険(任意保険)のオプションという位置づけで対人賠償保険に付帯するかどうか選べます。

また、人身傷害保険と搭乗者傷害保険は別の保険なので、
一つの交通事故で同時に支給されることができます。


「同乗側の過失が大きい場合」

対人賠償保険は、同乗者にケガをさせた場合にも使うことができます。

しかし、家族は適用外であったり、対人賠償保険を使用すると保険料が上がってしまうなど少し使いづらいです。

ですので、人身傷害保険に未加入の場合に対人賠償保険を使うことがありますが、一般的ではありません。

通常、相手側の過失が少なく相手側の対人賠償保険が期待できない場合は、人身傷害保険が用いられます。

もし、搭乗者傷害保険にも加入していれば、そちらも使うことができるでしょう。


交通事故では多額の補償額が必要になるときがあります。

ですので、同乗者として自分の身が守れるように保険に加入し、もしもの時は交通事故治療を受けることが出来るように備えましょう。



同乗者の保険については以下の記事も参照してください。 ―――――――――――――――――――――――――
筋膜リリースと運動療法で姿勢・動作を改善
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
  月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
Amebaブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

大木接骨院は中野区・新中野・東高円寺にある接骨院(整骨院)
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などのケガには整形外科での勤務経験による的確な治療 ケガを起こした根本的な原因も治療しケガの再発しにくい姿勢・動作にします。

首・肩・腰・背中・股関節・膝・足などの関節の痛みの治療には、 当院独自の"コンプリヘンシブ ボディ モーション(CBM)理論"による3ステップ治療
step1) 筋膜リリースで関節の硬さを改善
step2) 運動療法で関節の動きを正常化
step3) 姿勢・動作を改善

お気軽にご相談下さい
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年7月 6日 水曜日

同乗者に自賠責保険は適応されるか?

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は
同乗者に自賠責保険は適応されるかについてお話しします。

※最初に申しあげておきますが、以下の内容は十分に調べて作成していますが、専門家ではないため間違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。


同乗者も自賠責保険(強制保険)が適応される

前回の記事で確認しましたが、同乗者の方は自賠責保険の補償対象となります。

※自賠責保険についてわからない方は、別の記事を参考
「自賠責保険とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/08/post-66-592423.html)

ですので、交通事故でケガの場合の限度額120万円までは自賠責保険から支払われます。


「ケガの限度額は240万になることも」

また、前回の記事にて「同乗者は2つの交通事故の被害者である」ということも確認しました。

ということは、自賠責保険では複数の加害者がいる共同不法行為というケースにあたります。

これは、相手側の運転手にも、同乗した側の運転手にも過失があったのならば、同乗者は双方からの被害を受ける(共同不法行為)ことになるので、自賠責保険が双方からの被害へ支払われることになります。


※過失についてわからない方は、別の記事を参考
「過失割合とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/06/post-43-545734.html)

つまり、通常の自賠責保険における限度額の2倍の240万円まで支払われることになります。

ここで注意が必要なのが、過失割合によってこの240万という限度額が変化します。

それを以下の図にまとめます。


簡潔にまとめると、相手の過失がなくなると、被害が一方からのみになるので、自賠責保険への請求が1つのみになるのです。


「自賠責保険での他人とは」

自賠責保険と自動車保険(任意保険)では、「他人」の範囲が違います。

自賠責保険での「他人」は、「運転手以外の者」という意味になるので、たとえ家族(配偶者・子・親)でも請求対象となります。



さて次回の記事では、同乗者の自動車保険(任意保険)について詳しくみていきましょう。

同乗者の保険については以下の記事も参照してください。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら