大木接骨院ブログ

2016年9月27日 火曜日

事故に遭ったら接骨院・整骨院・病院へ行きましょう!

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は
事故に遭ったときの接骨院・整骨院・病院へ行く必要性についてお話しします。


「交通事故後に接骨院・整骨院・病院へ行かない?」
交通事故に遭ってしまったけども、軽い衝突だから大丈夫と自己判断して、後日になり症状が現れたということが多いそうです。

しかし、その場合に事故の治療が相手の補償で受けられなくなることがありますので、気を付けたいです。

実際には以下のようなケースが起きます。

事故に遭った時には痛いところもなく、ケガもなさそうなので人身事故ではなく物損事故として、警察へ届け出る。しかし、翌日になって身体を動かすと痛みが現れたため心配になるが、仕事もあるため病院へ行かずに過ごす。1週間経ったが痛みが続いているので、さすがに心配になり病院へ行った。

交通事故直後は、気が動転して興奮していることもあり、痛みを感じにくいために大丈夫と思う方も多いようです。

しかし、事故後に落ち着いてから痛みを感じることはよくあるのです。

そして、「きっとそのうち治る」という思いと、仕事で忙しいので時間を作るのが難しいという事情により、事故後に接骨院・整骨院・病院へ行かない人が意外と多いのです。


「接骨院・整骨院・病院に行かないとどうなるのか?」
結論から言うと、交通事故治療が受けられなくなるのです。

理由は、交通事故との因果関係が証明しにくくなるためです。

交通事故との因果関係を示す期間として2週間という目安が言われています。

ですので、2週間以内に病院に行き、痛い部位を診察してもらうことが重要です。

ここで痛い個所を診察してもらう場所が、病院(整形外科)なのも1つのポイントです。


「なぜ病院で診てもらうのか?」
接骨院・整骨院でも治療はできますが、加害者側の保険会社に1度は病院(整形外科)で診察するように言われます。

理由は、病院(整形外科)の方が診断能力が高く、交通事故とケガの因果関係がしっかり証明できるからです。

医師が証明するのと接骨院で証明するのでは社会的に証明の強さが違うのです。

ですので、接骨院・整骨院へ来院されても、一度は病院(整形外科)へ行くことになるのです。


「まずは接骨院・整骨院・病院へ行きましょう」
長くなりましたが、交通事故に遭ったら、まずは接骨院・整骨院・病院のうちどこかへ行きましょうsign01

接骨院・整骨院の場合は、その後に病院へ行き、あとは接骨院・整骨院で治療を続けていくことになります。

ぶつかった、転んだなどあれば、痛くなくても接骨院・整骨院・病院へ行くべきです。

また、事故は一瞬で起こるので、自分がどういう態勢で転んだのかわからない人もいます。

事故のときにどうなったのかわからない人も接骨院・整骨院・病院へ行くべきです。

ケガがないということを診てもらうことにも意味はあるのです。

そして、興奮している事故現場で身体の状態を感じるよりも、接骨院・整骨院・病院の待合室で心を落ち着かせ身体の状態を感じることが大切です。

ですので、事故が起きたのなら接骨院・整骨院・病院へ行きましょう。




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年9月20日 火曜日

物損事故から人身事故への変更するときは

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は「物損事故から人身事故への変更手続き」についてお話しします。


物損事故と人身事故の違いがわからない方は別の記事を参照してください。
人身事故と物損事故の違いは?」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/06/post-141-818690.html

「物損事故から人身事故へ切り替えないといけないときはどんな時?」
以前の記事でも書きましたが、以下のようなケースです。

交通事故で痛みがなかったので、物損事故として警察に申請してしまった場合で、交通事故後数日後に症状が現れた

このような場合はなるべく早く手続きをしなくてはいけません。


人身事故への切り替え手続き
物損事故から人身事故へ切り替えたい場合は、以下の手続きを行ってください。

1.すぐに警察へ人身事故へ変更したい旨を連絡
2.すぐに病院に行く
3.診断書の発行
4.診断書を管轄の警察へ持っていく
5.警察で手続き

しかし、事故から受診日までの期間が長い場合は、警察において切り替えが認められないケースもあるようです。

理由は、事故から受診日までの期間が長いと、因果関係が認められないためです。


以上を参考にして、痛みがあれば人身事故へ切り替えることで、交通事故治療をさせてもらいましょうsign01

何か困ったことがあれば、ご相談下さいhappy01

お力になれるかもしれませんsun





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年9月14日 水曜日

人身事故と物損事故の違いは?

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は「人身事故と物損事故の違い」についてお話しします。



「定義」
1.人身事故とは

器物の損傷に加え、人が負傷したり死亡したりする交通事故

2.物損事故とは

物に対して損害が生じる交通事故


つまり、わかりやすく言うと、

物損事故:物を壊しただけの事故
人身事故:物だけではなく、人もケガをしてしまった事故


となります。


「交通事故後の警察への届け出」
基本的には、交通事故後には警察を呼び、事故が起きたことを客観的に記録してもらうのです。

後に交通事故証明などが発行してもらうのは、公的に交通事故が起きたことを証明してもらうためです。

その際に、今回の事故は「人もケガをしているのか」という判断で、人身事故なのか物損事故なのかが判断されます。

つまり、警察は事故現場で被害者にケガはないかを確認し、物損事故なのか人身事故なのか確認します。

それを踏まえて警察は、ケガがないので物損事故、ケガがあるので人身事故として処理していきます。


「物損事故と人身事故の違いは?」
結論から言うと、人身事故の場合のみ「被害者の治療が補償される」のです。

人身事故となれば、加害者は相手をケガさせたことになりますから、相手の治療費を支払わなくてはいけません。

一方、物損事故となれば、被害者の身体にケガがないことになりますので、被害のあった自動車などを補償すればよいのです。


このように交通事故直後にケガがあるかないかを警察に申告することは非常に重要ですので、覚えておきましょうsign01




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年9月 6日 火曜日

交通事故を警察へ報告しないと義務違反

皆さん、こんにちはhappy01

中野区大木接骨院の大木です。

今日は「交通事故が起き際に警察へ報告しないと義務違反となる」ことについてお話しします。


さて、交通事故に遭った時、きっと加害者も被害者も冷静に対応するのは難しいのではと思いますthink

その時の事故が軽い接触事故だからということで、警察に知らせることなく双方の話し合いで終わらせてしまう方も実際にいるようですcar

しかし、お互いの話し合いだけで終わらせてしまう場合には、どのような危険があるのでしょうかsign02

一般的に交通事故が起きたら、警察へ報告するように言われますが、なぜなのでしょうかeyesign02




なぜ警察へ報告するのか?

なぜ警察へ報告するかというと、道路交通法72条に定められているからです。

しかも、加害者も被害者も双方に義務があります。
※一般的には加害者が報告するのがマナーでしょうが、重傷などで連絡ができない場合は出来る方が行う

簡単にまとめると、道路交通法72条にはこう書かれています。


当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員は、ただちに車両の運転を停止し、以下のことを行う。(同乗者も同様の義務)
 ・負傷者(被害者)の救護
 ・二次災害の防止措置
 ・警察への報告

つまり、わかりやすく言うと、

加害者も、被害者も、同乗車も
・事故現場から立ち去って(ひき逃げ)はダメですよ。
・何もせずにボーと見ててもだめですよ。
・必ず警察へ連絡もして下さいね。

というように定めています。

実は、どんなに小さな事故でも、警察に届ける事を怠ってしまうと、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に課せられます。




自動車の修理や交通事故治療が受けられない

交通事故の報告を警察に行わないと、自動車保険による賠償対象とならないのです。

具体的に言うと、自動車の一部が破損した場合は、相手の自動車保険により修理してもらうことができなくなります。

また、首が痛くても相手の自動車保険での治療を受けられません。


なぜでしょうか?

理由は、警察以外は誰も交通事故が起こったことを証明できないためです。

つまり、公的に証明能力のある警察(自動車安全運転センター)しか交通事故があったことを証明できないので、警察へ報告しなければならないのです。


そんなことない、「助手席に座っていた友人が証言してくれるよ」と言っても、その友人の言うことは公的な証明能力がないため、保険会社は交通事故があったとして扱ってくれません。


交通事故証明書は何かについては、別の記事を参照して下さい
「交通事故証明書とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2014/04/post-145-832320.html)


交通事故証明書がないと保険会社は支払えない

何度も確認しましたが、交通事故証明書は公的な交通事故が起きたという証明書です。

ですので、交通事故証明書がないと保険会社修理費や治療費の支払いができません。

だから、交通事故が起きたら警察へ報告することが重要なのです。



このようなケースがあるそうです。

【加害者の場合】
交通事故の被害が比較的小さく、相手のケガも軽いようだから、大ごとにならないように救急車や警察には連絡せず、治療費を自腹で払って解決する

【被害者の場合】
交通事故に遭い、当初は軽い怪我だからとその場で相手方を許してしまい、後日痛みが出てきたので、病院に行き治療をすることになったが、相手の連絡先を聞いていなかった



どちらのケースも、せっかくの自賠責保険という制度すら使うことができないという、非常に不幸な結果となりかねません。

自賠責保険については、別の記事を参照して下さい
⇒「自賠責保険とは」(http://www.ohki-jk.jp/blog/2013/08/post-66-592423.html


ですので加害者も、被害者も、交通事故を起こしてしまった場合は必ず警察に届けましょうconfident

それが私たちの義務なのですsign01

警察に連絡すると相手がかわいそうという被害者の方も多くみますeye

しかし、警察への報告は義務と割り切りましょうsign01

そして、加害者の方もこれは義務であり、また修理費や治療費などでもめないためにも、警察へ報告することが懸命だと思われますconfident





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら