大木接骨院ブログ

2016年10月25日 火曜日

自転車の走行の原則は車道、やむ得ない時は歩道

こんにちはsun

大木接骨院の近藤ですpig

自転車の交通法が強化されている昨今、まだまだ違反者は後を絶たちませんpout


もちろん歩道や車道にもちゃんとしたルールがありますdanger



「自転車は原則車道」

自転車と歩行者の衝突事故が多くなってきたため、平成25年12月1日施行された道路交通法にて、車道の左側の路側帯を走行する規定が明記されました。

自転車は車道が原則車道の逆走は禁止となっています。


「自転車は歩道も走って良い場合がある」

しかし、以下のような例外規定もあります。

1.道路標識で指定された場合
下の標識が歩道に設置してある場合には、自転車も歩道を通行することができます
自転車歩行者専用道路の標識自転車歩行者専用道路の標識

2.13歳未満の児童、幼児又は70歳以上の高齢者の場合
13歳未満の児童・幼児を自転車に乗せる場合は、保護者はヘルメットをかぶらせるよう努めなければいけません

3.車道又は交通の状況からやむを得ない場合
例)道路工事や連続した駐車車両などにより車道の左側を通行することが困難なときや、車の通行量が非常に多くかつ、車道の幅が狭いなどのため、追越し車両との接触の危険があるときなど警察庁の広報誌「けいしちょう 38号」に記載)


当ブログのその他の自転車に関連する記事もご参照ください。


「自転車に乗っていて歩行者をケガさせたら、重過失致死傷罪の可能性も」

「歩道に限らず自転車で走行中、歩行者や自転車との接触事故を起こした場合、相手にケガをさせてしまえば過失傷害罪、相手が亡くなってしまえば過失致死罪に問われる可能性があります。

さらに、自転車の運転者に重大な過失があるという場合には、重過失致死傷罪の可能性もあります。



「原則は車道、歩道は徐行」

もし事故が歩行者の歩いている歩道で起きたとしたら、刑罰の決定には自転車が歩道を走行して良い状況だったかが考慮されます。

ですので、常に車道の走行を心がけ、已む得ない状況のみ歩道を走行するようにしなくてはいけません。

歩道の走行も徐行を心がけ、歩行者の安全を確保する必要があるでしょう。



自動車だけでなく、自転車の事故でも大けがをしてしまうということを忘れないで安全運転を心掛けたいですねdanger

当院でも交通事故治療をしておりますflair

交通事故でケガをした際には接骨院でも受診できますので、お困りの際は是非当院へご相談下さいhappy01





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年10月18日 火曜日

過失割合とは

こんにちはsign01
大木接骨院の近藤ですwink

車を運転していて、子供の飛び出しcoldsweats02

経験された方多いんじゃないでしょうかsign02

ドキッとしてしまいますよね。



「子どもの飛出し事故の責任はどのくらい?」

もし、以下のようなケースでは、自動車側の責任はどれくらいになるのでしょうか??

車を運転していると目の前に横断歩道が見えてきました。進行方向の信号は青で、歩道で信号待ちをしている人もいなかったため、そのまま直進。

ところが、歩道脇から小学校2~3年生の子どもが突然飛び出してきて、そのまま赤信号の横断歩道を走りぬけようとしています。あなたはすぐにブレーキをかけましたが、あまりにも突然のことでブレーキが間に合わず、子どもにぶつかってしまいました。

ケガをした子どもはすぐに救急車で病院に。幸い命に別状は無かったものの、治療費など相手側の損害額は合わせて250万円にのぼりました。

さて、このような交通事故のケースでは、一般的には過失割合という基準で交通事故の責任を、言い表します。

では、上記のケースでの過失割合はどうなるでしょうか?



「過失割合とは」

と、その前に過失割合についてもう少し解説します。

過失とは、「本来するべきことを怠っていたこと」です。

つまり、加害者と被害者双方の過失の大きさを比べること過失割合であるのです。

また、それを基に事故が起きた責任を判断することが、過失割合の目的なのです。


加害者と被害者どちらがどれだけ悪いかというように判断し


「最初のケースでの過失割合は?」

最初に挙げたケースでの過失割合は、以下のようになると考えられます。

自動車(あなた):歩行者= 40:60

理由を詳しくみていきましょう。

歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことによって起こってしまった事故の場合、一般的な過失割合は、以下になります。

自動車:歩行者=30:70

しかし、この場合衝突した相手が小学校2~3年生の児童(交通弱者)だったため、弱者保護の観点から加害者責任が問われ過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=40:60

さらに、もし衝突した相手が幼児や身体障がい者(交通弱者)だった場合は、自動車側の過失割合はさらに大きくなり、過失割合は以下のようになります。

自動車:歩行者=50:50


自動車側からしてみれば歩行者が赤信号を無視して横断歩道を横断したことが原因なのに、なぜ自動車側の責任を問われなくてはいけないんだと感じるかもしれません。

とはいえ、以下2つの理由から
自動車側にも過失があったとされるのです。

1.一歩間違えば動く凶器ともなりかねない自動車には交通強者として常に注意責任が強く求められていること
2.自動車のドライバーにも前方注意義務や適切なブレーキ操作をする義務があること

結局は、交通事故を起こせば相手をケガさせてしまう自動車は、注意しながら乗らなくてはいけないものなのです。

それが嫌ならば、自動車に乗らなければいいだけのことなのです。

もちろん、歩行する側も気を付けなきゃいけないですbearing

そしてケガや不調があるようなら必ず受診してくださいねflair


過失割合についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧くださいdownwardlefteye


交通事故治療は、病院整形外科だけでなく接骨院でも治療できますsign01

当接骨院は土曜日日曜日診療しておりますので是非ご利用ください
happy01




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年10月11日 火曜日

雨の日は交通事故が5倍?

こんにちはnote

大木接骨院の近藤ですsun

皆様、雨の日は交通事故が多くなることはご存知でしょうか。


「雨の日に事故が多発」

雨の日は晴天時の5倍も多いそうです。

しかし、なぜ雨の日は交通事故が多くなるのでしょうか??


・自動車の交通事故増加の理由

雨の日の運転は、以下の危険が挙げられます。

1.視界が悪い
2.路面が滑りやすいので制動距離(ブレーキ開始から所定の速度に達するまでの距離)が伸びる

上記のような条件がそろうので、思わぬ事故につながります。


そのため、ドライバーは以下の事に気を付けて運転しましょう。

1.制限速度を守り、カーブの手前では、十分に減速する
特に、雨の降り始めは路面が滑りやすくなりますので、注意が必要です。

2.車間距離を十分に取り、早めのブレーキを心掛ける
雨の日は、路面だけでなくブレーキ装置も濡れて効き目が悪くなることもあり、制動距離が延びる傾向にあります。
   

次に自転車と歩行者が気を付けることは以下の通りです。

1.歩行者は傘をまっすぐさし、普段よりも安全確認に気を付ける
傘をさすと視界が狭くなり、周りが見えにくくなります。

2.運転者から発見されやすいような、目立つ傘や雨具を使用する
雨の日は、車等の運転者からも見えにくくなります。 

3.自転車は傘をさしながらの運転しない
運転ミスにより歩行者の方に怪我をさせてしまう可能性もあります。
⇒参照記事「自転車の傘さし運転は危険行為です

4.自転車はライトを点灯させる
雨の日に限らず、夜になると暗くなりますので、相手の人に発見されやすくなります。
反射するものを自転車に多くつけることも有効でしょう。

他にも関連記事があるのでご覧になって下さいsign01


運転する側も、歩行者も交通事故を起こさないように心掛け、それぞれが自分で自分の身を守ることが大切ですthink




大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

2016年10月 4日 火曜日

交通事故の治療費はどれくらい?

こんにちはhappy01
中野区大木接骨院の大木ですbud

今日は「交通事故にあってしまったら、その後の治療費」について詳しく書いていきますflair


「治療費用はかかるの?」
正確に言うと、治療費用は掛かりますが、

基本的に患者さまの窓口負担はありません

患者さまとは、被害者はもちろんのこと、加害者も含みます。
※ただし、加害者は自分の加入する自動車保険(任意保険)の内容によります

少しわかりづらいですねcoldsweats01

もう少し解説していきましょう。

患者さまの窓口負担がかからない理由は、以下の通りです。

1.被害者の方は、加害者の加入する自動車保険(強制保険もしくは任意保険)により治療費が支払われるためです。


2.加害者の方は、加害者自身が加入する自動車保険(任意保険)により治療費が支払われるためです。

ただし加害者の方は、自動車保険(任意保険)の種類の中でも、以下2つの保険に加入している必要があります。


1.人身傷害補償保険
2.搭乗者傷害保険

加害者の交通事故治療の詳細は当ブログの別の記事を参照してください。

わかりやすく図で示すと以下のようになります。



また加害者治療のための保険については、以下リンクにてわかりやすく解説がありますので、ご参考にしてください。

いろいろと心配なことはあると思いますがケガをしたり、不調があったら必ず早めの受診をしてくださいsign01

病院整形外科以外にも、接骨院でも交通事故治療が行えます。
大木接骨院には骨・関節のケガに詳しい交通事故治療専門スタッフがいますので、ご安心して当院まで受診ください。

当院予約も承っています。
事前に連絡して頂ければ、待ち時間も少なく治療できますので、ぜひご連絡お待ちしております。





大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分 
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ : https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter : https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 大木接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら