ホーム > むちうち治療について

むちうち治療について

むちうち治療について
むちうち症とは自動車の衝突や何かの反動で頭と体が逆向きに動くことで首に衝撃が加わり組織を損傷したことで起きる症状を言います。
症状としては、患部の直接的な痛みのほかに、吐き気や手足のしびれ、頭痛、肩こり、耳鳴りなどがあります。
当院では大きく分けて次の5タイプに分類して治療を行っています。
  • 頚椎捻挫型
首の痛み、動かしにくさなど、寝違いに似た症状があり、むち打ちの正式名称である「頚椎捻挫」が型名になっています。頸椎の捻挫により椎間板や靭帯が小さく損傷されたために起こる症状といわれています。

  • バレ・リュー症候群型
目のかすみ、耳鳴り、のどのかすれ、頭痛など、多彩な症状があらわれることが特徴です。頚椎の捻挫により、交感神経の働きに影響が出ることが主な原因とされています。

  • 神経根症状型
首の痛み、腕のしびれ、知覚異常などを特徴とします。神経根が上下の頚椎に挟まれて起こるといわれています。

  • 脊髄症状型
脊髄を損傷すると下半身のしびれや、尿や便が出にくくなるといった症状がでます。レントゲンではほとんど発見されない症状ですので、MRIなど精密検査を受けることをお勧めします。

  • 脳脊髄液減少型
事故の衝撃により、脳や脊髄を覆っているくも膜に傷がつき脳脊髄液腔から脳脊髄液が漏出することで集中力や記憶力の低下、疲れやすいといった症状が出てきます。天候によって頭痛が起こるといった症状は「脳脊髄液」の循環が悪くなることで起こります。長年後遺症に悩まれる方は脳脊髄液減少型が多いと言われています。

よくある症状ランキング

1位 肩こり、首や肩の痛み
肩こり、首や肩の痛み

むちうち症の中では比較的軽度の症状になります。しかし、自分がむちうちだという自覚症状がわかりづらいために、症状が悪化し時間が経ってから治療を受ける方がとても多い症状です。特に忙しくて通院する時間の無い方ですと、「疲れているだけ」「多少の痛みなら」と我慢される方も多いです。時間が経ってからの治療はその分、完治にも時間がかかりますし、また事故後、間が空いてしまうと自賠責保険が適応されないケースもあります。事故にあったら自覚症状や病院で問題がないと言われた場合でも一度事故専門院までご相談頂くことをお勧めします。
肩こり、首や肩の痛みは頚椎捻挫型の可能性があります。

2位 倦怠感・筋力の低下について

レントゲンでは異常はなかったが、「事故後から身体が重い」、「何に対してもやる気がでない」多くの方はこのような症状が出ても「そのうちよくなる」「レントゲンで異常がなかったのだから大丈夫」と一人で悩まれるケースが多い症状です。しかし、倦怠感や筋力の低下は手足のしびれと同じく神経根症状型、またはバレ・リュー症状型の可能性があります。
当院ではしびれを軽減させ、日常生活機能が早期に回復するよう努めます。

3位 ぶつけたなど、打撲・骨折の治療について
ぶつけたなど、打撲・骨折の治療について

追突の衝撃で胸部や腕をハンドルなどにぶつけてしまったという方は、少しでも変調があればレントゲンやMRIなど検査してもらうため病院を受診することをお勧めします。当院ではまず患部の安静を図り、「痛み」をとる治療を優先して行い、早期改善に取り組んでいます。

4位 集中力、思考力の低下について
事故にあってから頭がぼーっとして勉強や仕事に集中が出来ない、頭が働かないという方は脳脊髄液減少型の可能性があります。「最近集中力がない」「思考力が悪くなった」といった症状があるが、「どこに通院したらいいか、何科に行けばいいかわからない」と、放置してしまう方も多い症状です。当院では専門治療スタッフが問診し、提携する病院と連携し、症状のサポートを行っていきます。
5位 手足のしびれ・まひについて
手足のしびれ・まひについて
交通事故の衝撃で神経が圧迫され、手足にしびれやマヒ(麻痺)といった症状が出ます。「ぶつけていないし、事故とは関係がない」と思われる方も多いですが、身体は頭部より手指や足先へ向けて神経で繋がっているため、首などで神経障害が起こると、一見すると無関係のところにもしびれやマヒといった症状が出てきます。しびれやマヒがある場合は無理に動かしたり、身体に負担のかかることは避けましょう。手足のしびれやマヒは神経根症状型の可能性があります。

よくあるQ&A

当院では専門治療スタッフが患者様から寄せられるお悩みにお答えしていきます。質問に関してはお問い合わせください。

交通事故にあったらまず何をしたらいいの?

被害者、加害者どちらの場合も必ず警察に連絡しましょう。詳しくはコチラ をご確認下さい。
その後当院ではカウンセリングをもとに患者様の症状に合せて治療を開始していきます。

ページの上へ戻る

治療費はどれくらいかかるの?

窓口負担なく治療を受けることができます。。交通事故の場合、自賠責保険が適応されますので、治療費は全て保険でまかなわれます。しかし、まれに完治していない状況で保険の打ち切られや、後遺症に対して慰謝料が支払われないケースがあります。詳しくは事故後サポートをご覧ください。

ページの上へ戻る

治療期間はどれくらいかかるの?

一般的には3~6ヶ月と言われていますが、患者様の症状や、通院頻度によって治療期間は様々です。当院では早期回復していただけるよう患者様の症状に合わせた「段階別治療メニュー」を取り入れています。
また、忙しくて会社帰りや、土曜日や日曜日しか通うことの出来ないという患者様のために平日20時まで、土日診療を行っております。

ページの上へ戻る

段階別治療メニュー

第1段階
《まずは痛みをとる》
痛みが強いため、動きが制限されている状態への治療を行います。
患者様はこうした痛みがあるために日常生活を制限されています。日常生活をいつものように過ごせないという精神的苦痛をなくすため、できるだけ早期に痛みを取り除くことを最優先にして治療を始めます。具体的には、除痛(痛みをとる)効果が高い電気療法(ハイボルテージ&マイクロカレントほか)を行います。

第2段階
《緊張した筋肉を緩める》
痛みは落ち着いてきているが、まだ動きが悪い状態への治療を行います。
組織の損傷が徐々に修復されてきています。一方で損傷を受けた部位を守るために、その周辺の筋肉はずっと緊張した状態にあります。本来痛くなかった筋肉まで緊張が続くので、それを緩める手技治療と、修復してきた組織を刺激しないように、関節の動きを出していくように軽くストレッチや運動療法などの治療を進めます。

第3段階
《動きを出していく》
痛みはなくなり動きが出てきたけれども、本来の動きではない状態です。
組織の修復が終わり痛みがなくなったので、より積極的に運動療法を取り入れていきます。日常生活で支障なく過ごせるように、関節の動きを出し、動きを改善していきます。むち打ちでの振り返り動作などをスムーズに行えるようにしていきます。

>>治療までの流れはこちら
アクセス


大きな地図で見る
【住所】
〒164-0000
東京都中野区4-6-7 GSハイム中野105

ホームページを見たとお伝えください
【電話番号】
03-3382-5730
【診療時間】
午前 8:30~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜の午後は14:00~17:00診療
  日曜日は午前中のみ診療
【休診日】
木曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら